弁護士の顧客開拓のやり方

弁護士がどのように顧客を開拓しているか知っている方はあまり多く無いです。
弁護士というのはキャリアパスが通常の職業と全く異なっていて、通常のサラリーマンのようなキャリアを踏んでいません。
そのため多くの方にとって弁護士がどのような経路で顧客を開拓し、どのように自分の腕を上げているのかを把握するのは難しいのです。

弁護士は司法試験に合格後、司法修習という医者で言う所の研修医のような訓練を受けます。
その後弁護士に着任する人は弁護士事務所で自分の目指す弁護士としての分野を確立していきます。
この弁護士の主要な分野は民事 刑事 企業法務 特許などの分野が一般的で特に企業法務の分野の弁護士は非常に重要な存在意義があります。
しかし、企業法務を得意とする弁護士というのは弁護士全体の中でも一握りです。
実は弁護士が顧客開拓を行うには基本的にホームページと人脈です。
特に人脈の部分は非常に重要で弁護士の顧客はホームページだけでなく人脈と口コミによるところが非常に大きな影響を持っています。

これらのことから、企業が自分のための顧問弁護士を探すためにはしっかりとしたリサーチが必要になります。
どの分野を専門にしているのかを把握し、どれだけの経験があるのかをしっかりと見極めなくてはなりません。